WordPressアドレスとサイトアドレスの違いとは?両者の使い方と違いについて詳しくまとめました!

2021-12-08
Wordpress

WordPressアドレスとサイトアドレスの違い_eyecatch

WordPressの一般設定には「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」という設定欄があります。

この値はWordpressのインストール時に自動決定されており、基本的には2つとも自サイトのURLで、同じURLが設定されます。

そのままの設定で問題なくサイト運営できるので、https化の作業を除けば変更することは稀ですがこの両者の違いについてまとめました。

むやみに変更すると管理画面にログインできなくなります。
現在サイトに問題がない場合は変更しないように注意しましょう!

WordPressアドレスとサイトアドレスの違い

早速結論から申し上げますと「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」の違いは以下です。

  • WordPressアドレス(URL):Wordpress(本体)のインストールディレクトリ
  • サイトアドレス(URL):ユーザー(閲覧者)に表示するサイトのURL

WordPressを使う側の人に分かりやすくすると以下です。

  • WordPressアドレス(URL):管理画面などに使用されるURLを決める
  • サイトアドレス(URL):トップページや投稿に使用されるURLを決める
WordPressアドレスとサイトアドレスの違い_001

管理画面左メニュー>設定>一般

どちらの値もWordpressの管理画面から簡単に変更することができますが、興味本位でURLを変更してしまうと管理画面にログインできなくなったり、サイトが表示されなくなるため気を付けたい設定です。

関連記事

WordPressのURL設定は基本的にインストール時のままで正常に動作するので、普通にブログを運営していて変更する時と言えばhttp://からhttps://に変更する時くらいかと思います。

では、何のために「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」という2つの設定が存在するのか?この記事では両者の違いと使い方を深掘りします。

ポイント

そもそも"アドレス"という言い方が分かりにくいので、"アドレスはURL"と考れば分かりやすくなります。

WordPress アドレス (URL)とは?

WordPressアドレス(URL)にはWordpress本体があるフォルダのURLを設定します。
使う側の人間にとっては、管理画面などに使用されるURLを決める設定です。

本体というのは「wp-admin」「wp-content」「wp-includes」の3つのフォルダ、その他index.phpなどのファイルを含んだフォルダです。
つまり、Wordpressをインストールしたフォルダ(URL)です。

一般的なサイトの場合は「public_html」内に上記の本体があります。
public_htmlはサイトのルートとなりますので、通常「WordPressアドレス(URL)」の設定は「サイトURL」となるわけです。

WordPress本体の場所(インストール先)を変更した時にこの値を変更します。

実際にWordpressアドレス"のみ"を変更した時の動作を見ていただいた方が分かりやすいと思いますので、実証しました。

WordPressアドレスのみを変更した場合

普通にブログをやるくらいなら、Wordpressのインストールディレクトリを変更することはまずありません。

ただ、1つのサーバーでマルチサイトを運営したり、別のCMSを使ってサイトを構築したいとなるとWordpress本体の場所を変更することも可能なのです。

WordPressアドレスとサイトアドレスの違い_002

ここではWordpressの本体をサイトトップである「public_html(example.com)」から「/CMS/wordpress」という更に下層のフォルダに変更したとしましょう。
(サイトのURLはhttp://example.comのまま)

この設定で管理画面とトップページにアクセスしてみます。

WordPressアドレスとサイトアドレスの違い_003

管理画面にログインできない

先述の通り、「WordPressアドレス(URL)」は管理画面関係の設定なので、この状態で管理画面にアクセスするとNot Foundが出ます。

WordPressアドレスとサイトアドレスの違い_004

トップ(記事)ページにはアクセスできる

一方、サイトのトップページや記事ページにはアクセスできます。

ただ、Wordpressのインストール先の設定が間違った状態となるのでWordpress内にあるファイルが読み込まれません。
デザインを決めるCSSも読み込まれないのでレイアウトが崩れていますね・w・

挙動はこんな感じ。本当にWordpress本体を別の場所に移したいならindex.phpや.htaccessの移動、編集などの作業が必要になります。

WordPressをサブディレクトリに移動する方法は別記事で詳しく書きました↓

サイトアドレス (URL)とは?

サイトアドレス(URL)にはサイトのトップ(ホーム)ページのURLを設定します。
使う側の人間にとっては、トップや記事などに使用されるURLを決める設定です。

大体のサイトはトップページのURLにドメイン名以外の文字を付けることはないはずなので、サイトアドレス(URL)のみを変更する機会は滅多にないです。

「http://example.com/wordpress」というトップページを「http://example.com/」に変更したい場合や、サイトの一括リニューアルには良いかもしれませんが…
そもそもサイトURLは頻繁に変更するものではありません。

とにかく特殊なサイトでない限りそのサイトのURLが入ります。
Wordpress本体の場所とトップページの場所(URL)が異なる場合に、トップページはこっち!WordPress本体はあっち!という風に決めるのにセットで使う感じです。

こちらも実際にサイトアドレス"のみ"を変更した時の動作を見てみましょう!

サイトアドレスのみを変更した場合

ここでは例としてWordpress本体の場所は普通にドメイン直下。
サイトのトップページを「http://example.com/page」に変更したとします。

WordPressアドレスとサイトアドレスの違い_005

こんな感じですね。
この設定で管理画面とトップページにアクセスしてみます。

WordPressアドレスとサイトアドレスの違い_006

管理画面にはアクセスできる

「サイトアドレス(URL)」はユーザー(閲覧者)に表示するサイトのURLでした。
管理画面は関係ないので普通にアクセスできます。

WordPressアドレスとサイトアドレスの違い_007

トップ(記事)ページにアクセスできない

一方、サイトのトップページや記事のページにはアクセスできません。
先ほどのWordpressアドレスのみを変更した時と真逆の挙動ですね・w・

補足:Wordpressの自動リダイレクト設定

ここで大切な補足です。
先ほど「サイトアドレス(URL)」を変更するとトップページや記事ページにアクセスできません。と書きましたが、実際は問題なくアクセス出来ます。

WordPressアドレスとサイトアドレスの違い_008

WordPressでは自動でリダイレクト設定される

なぜかというと、Wordpressにそういう機能があるからです。
「サイトアドレス(URL)」の設定を変更すると.htaccessというファイルの内容を作り変え、自動的にページのリダイレクト設定が行われるのです。

この機能のおかげでページのURLを変更してもうまくページが表示されます。
(今回は伝わりにくくなるので、この機能を使わずに検証しました。)

両者の違いと使い方のまとめ

長くなりましたので最後にポイントをおさらいします。

WordPressアドレス(URL)についてのポイントは以下です。

  • WordPress本体のインストールディレクトリを指定する。
  • 設定は管理画面などのURLに使用される。
  • WordPress本体を別の場所に移動した時に使う。
  • 設定ミスすると管理画面がNot Foundになる。

WordPressのインストールディレクトリを変更したい時に使いましょう。

サイトアドレス(URL)についてのポイントは以下です。

  • 基本的にサイトのトップページのURL(サイトURL)を指定する。
  • 設定はトップページや記事ページなどのURLに使用される。
  • 設定ミスするとトップや記事ページがNot Foundになる。
  • サイト全体のURLが変更される。(SEO的には良くない)

実際にはサイトアドレスを変更するとWordpressによって自動的にリダイレクト設定が行われるため、ページは問題なく表示されます。

ポイント

なおWordpressのURL設定を変更した場合は、変更後に
管理画面左メニュー > 設定 > パーマリンク
から「変更を保存」ボタンを押してパーマリンクを更新する必要があります。

最後にマニアックなところ…
wp-config.phpなどでこれらの値を変更する際のポイントは以下です。

  • WordPressアドレス:第一引数にWP_SITEURLやsiteurlを使う。
  • サイトアドレス:第一引数にWP_HOMEやhomeを使う。

コードについては冒頭に紹介した関連記事「WordPressアドレス、サイトアドレスを変更後、管理画面にログインできなくなった時の対処法を徹底解説!」という記事中に詳しく書いています。

ひとこと

以上、Wordpressアドレスとサイトアドレスの違いと使い方でした。
ちなみにWordpressの公式サイトでは両者をまとめて「サイトURL」と表記されていました!

1つのサーバーで1つのサイトならこの設定を触る必要はほとんどないはずです。

WordPressアドレスとサイトアドレスの設定は、つい出来心でURLの設定を変更し、うっかり「変更を保存」ボタンを押そうものなら、その瞬間ログインできなくなったりしちゃいます…WordPress標準の初心者〇しの機能の1つでありますw

ではではこのへんで・w・

-Wordpress

ありがとうございました。
良かったらシェアしてネ・w・

© 2022 ソロ学