2021年秋よりISO15がリリース!iPhoneSEや6S以降の機種に対応とのことでiOS15のアップデート方法です。


スマホ

iPhone-iSO15アップデート_005

日本時間の2021年9月21日よりISO15がリリースされています!

iOS15はiPhone13のリリースに向けて開発されたらしいですが、比較的古い機種でもインストールできるとのこと...

僕はスマホは全然使わないので未だにiPhoneSEを使っているのですが、この度ISO15にアップデートしようと思い、アップデート情報を確認したところiOS15の項目がなく、iOS14.8しか見つからなかったので少し詰まりました。

iOS15へのアップデート前にiOSを最新バージョンにする必要がありました。
この記事ではiOS15の機能やバックアップ方法などの内容は割愛します。

iPhoneをiOS15にアップデートする方法

まずISO15にアップデート可能な対応機種について確認しておきます。
iOS15に対応しているiPhone機種は以下です。

iOS15対応機種一覧

  • iPhone12/mini/Pro/Pro Max
  • iPhone11/Pro/Pro Max
  • iPhoneXs/XS Max/XR/X
  • iPhone8 Plus
  • iPhone7/7 Plus
  • iPhone6s/6s Plus
  • iPhoneSE(第1世代および第2世代)
  • iPad touch(第7世代)

iPhoneSEや6S以降なら対応している感じです。
なお、iPhone13には始めからiOS13が搭載とのこと。

iOS15へのアップデートは選択制

iOS15では様々な機能が大幅にアップデートされます。

iPhone13への実装を考えて開発されたOSということで、iOS15にアップデートするかどうかはユーザーの選択制になっています。
今のままiOS14.8をバージョンアップし続けて使用のもアリということです。
なので自動アップデートをオンにしていても自動的にiOS15にはならないはずです。

iOS15で何が変更されるのかはAppleの公式ページに詳しく載っています。

外部リンク

【Apple公式サイト】
iOS 15 - 特長 - Apple(日本)

Wikipediaの方にも詳しくまとめられています。

外部リンク

僕が良いな!と思うのが写真アプリで、Exif確認や撮影日時の編集が可能になることw
情報ブログをやっているとここら辺がiPhoneで触れないのが地味に痛いのです…

では早速アップデートにかかりましょう!

注意ポイント

iOS15は時々不具合が報告されています。
万が一のためにiCloudやiTunesでバックアップを取っておきましょう!

対応機種なら設定からアップデートできる

iOS15に対応している機種なら「設定」からiOSをアップデートできます。

iPhone-iSO15アップデート_001

設定アプリ

iPhone内にある設定アプリを開きます。

iPhone-iSO15アップデート_002

一般に進む

設定を開いたら、一般に進みます。

iPhone-iSO15アップデート_003

ソフトウェア・アップデート

ソフトウェア・アップデートに進みます。

iPhone-iSO15アップデート_004

iOS15にアップグレードを選ぶ

「その他の利用可能なアップデート」というところにiOS15のアップグレードがあるので進みましょう。

iPhone-iSO15アップデート_005

ダウンロードしてインストール

iOS15の概要が表示されます。
バックアップと確認が済んだら「ダウンロードしてインストール」に進みましょう。
あとはパスワード入力&規約に同意でOK!

iOS15にアップグレードできない場合の確認

いつも通りと言えばいつも通りの手順でiOS15にアップグレードできます。
が、比較的大型のアップデートなので上手くいかない場合もあります。

そんな時は以下を確認してお試し下さい。

iOSは最新バージョンが必要

冒頭でも触れましたが、iOS14.8にアップデートが残っている場合は「ソフトウェア・アップデート」の画面でiOS15に関する項目が表示されませんでした。

iPhone-iSO15アップデート_006

iOS14.8のアップデート

設定でiOS15のアップデートが表示されない!という場合は現在のiOS(14.8)を最新のバージョンに更新してから確認しましょう!

エラーが出て進まない場合の確認

iOSのアップデート実行中にエラーが出たりして進まない場合の確認です。

ストレージ(容量)不足

iOSのアップデートには容量が必要です。
概ねiPhoneの空き容量が5GBほどあればアップデートは出来るはずです。
iPhoneのストレージが不足しているようであれば不要なデータを削除しましょう。

バッテリー残量が少ない

バッテリー残量が低い状態ではiOSだけでなく、アプリなどのアップデータも控えられる可能性があります。
iOS15は大きなアップデートなので、バッテリーを十分に充電してから更に充電器につないだまま行うのが良いです。

WiFi環境でアップデートする

数GBのアップデートファイルをダウンロードする必要があるので、できればWiFi環境など通信速度が安定するところでアップデートに挑みましょう。

アップデートファイルの破損

ごく稀にアップデートファイル自体が破損していることがあるようです。
既にファイルのダウンロードが終了している場合、「設定 > 一般 > プロファイル」あたりからiOS15のアップデートプロファイルを削除し、再度アップデートファイルをDLすれば上手くいくかもしれません。

ポイント

上記を試してもダメなら、iTunesを使ってアップデートすることもできます。
パソコンをお持ちの方であればこの方法が確実かもしれません。

ひとこと

iPhoneをiOS15にアップデートする方法を簡単に書きました。

iOS14.8も継続して使用できるということなので迷いますね。
iPhone2台持ちしていれば迷わないで良いのにね・w・

-スマホ

ありがとうございました。
良かったらシェアしてネ・w・

© 2022 ソロ学