プログラミング

LINE BOTを作ってみた!超簡単に動いて2時間もかからなかったのでこちらで紹介!

簡単に自作して動かせる全自動LINE BOTを作る!その1

徹夜を連発して力尽き、夕方まで寝てしまった先日。朝起きるとLINEの未読がすごいことになっていて中には個人的な用事も...すべて急がないメッセージばかりでしたが大変申し訳ない気持ちになりました。

その時ふと思いました。コンマ何秒かで即返信できる全自動ラインボットを作ればいいじゃないか!と。
前々から作ろうとは思っていたのですが今回やる気ときっかけが出来たので作成に挑戦してみました!ニートで時間があるし勉強ついでにね?

※この記事はSSL通信(https)ができるサーバーを借りている人向けです。サーバー無しでも出来るみたいですが、そちらはまた別です。

また個人的にphpが使いたかったのでメッセージ返信プログラムの言語はphpという仕様ですwww

では早速行きましょう!他のインターネットでも紹介してる先人様がたくさんおられますのでほぼ自分の備忘録じゃなwww

記事を書き終えて大変長くなりましたので今回は二部構成でいきます、ご了承下さい!必要なものは以下のみ!

・LINEアカウント(スマホでラインしてる人はもう持ってる)

・SSL通信(https)が使えるサーバー(今回サーバーはMixhostを使います)

LINE Official Account Managerに登録する(無料)

まずはLINEの公式サイトでLINEBOTを登録します。メッセージの送受信などはラインの公式を使って行いますので必須です!

↓のサイトにアクセスして登録
■LINE公式サイト
LINE@で販促・ファンを獲得!無料アプリで簡単に始めるビジネス向けLINE

LINEの公式サイトにアクセスするとこんな画面がでますので、登録を済ませましょう!

今すぐ無料アカウントを開設するをクリックしてBOT用のアカウントを作成します。

未認証アカウントを開設するをクリック。

認証済アカウントとは企業さんや有名人が使っているアカウントのことで、当然ラインさんに承認してもらう必要がありますが、友達検索結果に表示されるようになるらしいです。

今回は完全に個人用のBOTなので未認証でOK!

スマホで使っているラインの情報を入力してログインするとこんな画面になります。忘れた!とか言わないで。。。

この画面で早速BOTの名前を登録しましょう。メールアドレスも必須とのことです。業種は大体でOK。

内容に間違いがなければ完了してBOTアカウントの作成を済ませます。

完了するボタンをクリックすると自動的に今まで使っていたラインの友達にBOTアカウントが追加されこんなメッセージが早速来ます。

続いてBOTのプロフィールを編集してみます。「LINE Official Account Managerへ」をクリック

規約を読んでOKなら同意して進めます。

少しややこしいですが、右上の設定画面をクリック。

すると見たことのある画面が表示されます。この画面でBOTの情報を変更できます。画像を参照。

続いて、今回返信に使用するAPIの設定を行います。「Messaging APIを利用する」をクリック。もちろん無料。

プロバイダーという難しい言い方をされますが、要はこのAPI(プログラム)は誰が使いますか?みたいな感じなので個人名でOK。私は苗字と名前で作成しました。

次の画面がコチラ。もちろん個人でプライバシーポリシーも利用規約も持ってるわけがないので、何も入力せずに空欄のままOKをクリックして進みます。

とりあえずこんな画面が出ればOKです。長くなりましたのでここまで。画像の説明は気にしないで。

次はMesagingAPIの設定をしてサーバーとこのアカウントを紐づけていくよ!

https://sologaku.com/110/

-プログラミング
-

© 2020 ソロ学