プラグインGoogle XML Sitemapsを使ってサイトマップをサチコに登録する方法@1分コース

Google XML Sitemapsサイトマップ登録2
WordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」を使ってサイトマップを自動生成し、生成されたURLをサーチコンソールへ登録する方法です。

記事にするほどでもないくらい簡単に終わります...

サイトマップURLをサーチコンソールに登録する

Google XML Sitemapsをインストールして有効化するだけで、サイト内のサイトマップが自動で生成されます。
生成されたURLは「https://サイトドメイン/sitemap.xml」という形式になっているので、これをサーチコンソールに登録するだけで作業完了です!

あとは記事を新規投稿、更新するだけでサイトマップが自動的に更新されて、Googleに通知されます。

プラグインのインストール

プラグインをインストールしていない方はまずインストールしましょう。

管理画面左メニュー > プラグイン > 新規追加

に進み、プラグインの検索に「Google XML Sitemaps」と入力します。
Google XML Sitemapsサイトマップ登録1プラグインが出てきたら今すぐインストールをクリックして有効化する。
よく似た名前のプラグインもあるのでよく確認してください。

サイトマップURLを確認する

プラグインを有効化したら、プラグインの設定画面にサイトマップURLが生成されています。

管理画面左メニュー > 設定 > XML-Sitemap

Google XML Sitemapsサイトマップ登録2「https://サイトドメイン/sitemap.xml」となっている部分がサイトマップURLです。
これをコピーしておきます。

サーチコンソールに移動してURL登録

サイトマップのURLをコピー出来たら、サーチコンソールにアクセスし、ログインします。

サーチコンソールのメニュー > サイトマップ

に進んだら、サイトマップを登録しましょう。
Google XML Sitemapsサイトマップ登録3新しいサイトマップの追加に先ほどのURLを入力して送信する。
お疲れ様でした。これでサイトマップの追加は完了です。

まとめ

後は記事を投稿するたびにプラグインが自動的にサイトマップの作成と通知を行ってくれます。

何かエラーがあった場合はサーチコンソールより通知がきますので、定期的に確認しておきましょう!

-Wordpress
-

© 2021 ソロ学