SEO

サイトマップを送っていないのに爆速インデックス。XMLサイトマップ不要説を唱えてみる

今回SEO関係のネタでちょっと興味深いことがあったので記事にしてみます。
皆さんご存知のように?当ブログ生きねばブログではSEO研究の一環としてXMLサイトマップをサーチコンソールに一切送信しておりません。
が、今のところ爆速インデックスされております。。。そこでサイトマップ不要説を唱えてみます!

サイトマップは必要なのか?

この記事を見ている人ならXMLサイトマップとはなんぞや?とはならないと思いますが一応念のため。

■XMLサイトマップとは

sitemap.xmlなどという名前のファイルであり、拡張子は.xmlのファイル。中身はサイト内のURLが列挙されており、Googleなどのクローラーがサイト内を円滑にクロールすることができるようになる。サイトの地図のようなもの。あることによってクローラビリティを向上させ、インデックスも早くなるという。。。

SEO関連の記事や参考書を読んでいると”当たり前のように”XMLサイトマップをサーチコンソールに送付して、クローラーを助けましょうという記事が。

もちろん筆者もこのブログ以外に運営している他二つのサイトはサイトマップを送信しています。

いちいち自分でサイトマップなんか作ったり更新したりしていられないので、Wordpressのサイトマップ定番プラグインの「Google XML Sitemaps」を使用中。

サイトマップ不要説001↑のこれです。ちなみに別のプラグインで「Google XML Sitemap」という最後に”s”が付かないプラグインも存在しているのだとか。機能は天地の差があるので間違えないようにしましょう!

サイトマップ未送信でのインデックス

サイトマップ不要説002

当ブログのサイトマップの状況。当然こちらから何も送っていないのでサイトマップは空でございますwww

サイトマップ不要説003

でこちらが最近のカバレッジ。現在公開記事数は26なので、ほとんどのページがインデックス登録されているはずです。初心者なので質の高い記事はまだまだ書けていないはずなのに。

モバイルユーザビリティは上下したり良くわからないので放置。無事に22記事インデックスされているようですが。。。

サイトマップ不要説004

当然有効36個のリンク全てが「インデックス登録されましたが、サイトマップに送信していません」状態。

しかしながら記事を更新するたびに順調にインデックスされている。

サイトマップ不要説005

そして驚くべきはそのインデックスの速さ!

何度も言いますがXMLサイトマップを送信していないのにもかかわらず、8/3に公開した記事が8/6に爆速インデックスされております!その間わずか3日。

まだまだ記事数が少ないので何とも言えないですが、記事を公開すると割と早くにGoogleクローラーが新着記事に訪問してくれているようです。(アクセスログで確認済)

 

更に面白いのが5/25に記事を更新してから約二か月何も更新していなかった当ブログ、7/17日にようやく新しい記事を書いて、この記事がインデックスされるまでにかかった期間が11日でした。

サイトマップを送付せず、さらに二か月新着記事を書かずにサイトを放置しても、新しく書いた記事は二週間ほどでインデックスしてくれたということになりますね。

 

これだけGoogleのクローラーの性能が上がった今日。サイトマップなんかなくてもそれなりにしっかりと高速でインデックスしてくれるみたいです。

当分このまま研究でサイトマップ未送信のままで様子見してみようと思いました。

デメリットと言えば、どの記事がインデックスされていないかが一目で分からないところwwwこれは致命的だからいずれサイトマップを送信することになりそうww

■サーチコンソールにXMLサイトマップを送信していなくても記事公開から3日でインデックスしてくれる。

むしろサイトマップを送信しているサイトよりもインデックスが早い気がする(サイト内容が全く違うので何とも言えないが。)

■サイトマップを送信していなくてもほとんどの記事をもれなくインデックスしてくれる

■デメリットはインデックスされていないページが瞬時に分からない(結構致命傷)

記事数が多くなってきたら手動でインデックス登録確認なんかやってられなくなるので、いずれはサイトマップを送信することになりそうな。。。

-SEO
-

© 2020 ソロ学