WordPressで自動生成される「-scaled」が付いた画像とは?高画質画像の自動リサイズを停止する方法。

Wordpressでscaled付きの画像とは_eyecatch
WordPressにアップロードした画像によく見ると「-scaled」という謎の名前が付与されていることがしばしば...「test.jpg」をアップロードしたらメディアで「test-scaled.jpg」になっていた!という感じ。
画像置換しても名前が違うことがあったりなかなか不便です。「-scaled」がつけられた画像には何が起こったのか?
WordPressバージョン5.4から実装された機能で画像ピクセルが「2560px」を超えると自動でリサイズされるらしい!

「-scaled」が付いた画像は自動リサイズされた画像

まずこの英語の読み方は「スケール」で意味は規模、尺度など。

この文字が付いている画像はサイトで使うには大きすぎるピクセルの画像のため、自動的にリサイズ作成して使っています。ということだったのですね。

そのリサイズ条件が

2560ピクセルを超える画像

です。
パソコンのディスプレイでもWQHDという解像度のものがあり、画面解像度が2,560×1,440の物のことを言います。つまり2K。

2Kを超えた”重たい”画像はサイトのスピードにもモロに影響しますので勝手にリサイズして使うのがバージョン5.4以降のWordpressです。

2560pxを超えるオリジナル画像をアップロードすると
フルサイズは「-scaled」が付いた画像が使用されるよ!

2560pxを超えるオリジナル画像と「-scaled」がつけられた画像をどちらもダウンロードして比較してみた。
「-scaled」とは2なるほど。

ためしに3800pxほどの画像をアップロードしてFTPでアップロード先のフォルダ「uploads」を覗いてみた。
「-scaled」とは3なるほど。オリジナル画像が上書きされるのではなくて、新しい画像サイズとして「-scaled」が付いた画像が生成されている。

何も設定せずにフルサイズを使用すると表示される画像は「-scaled」が付いた画像で、オリジナル画像は表示されない。

また、オリジナルサイズを削除すればこの手の自動リサイズされた画像も一緒に削除されました。

画像メインの写真家さんなんかのサイトでは当然最高画質で表示してくれよ!という声が出てきそうなので...

もちろんこの自動リサイズ機能を止める方法もあります。
プラグインもあるらしいけどfunctions.phpに一行記述するだけで無効化できるのでコチラの方法がスマートでしょう。

add_filter( 'big_image_size_threshold', '__return_false' );

使用中のテーマのfunctions.phpに↑のコードを追加。
「-scaled」とは4コードを記述したのちtest.jpgをアップロードし、FTPで覗いてみたところ「-scaled」が付いた画像は生成されなくなっていた。

マニアックなところ、Wordpressの画像リサイズや自動生成などの処理はPHPの拡張モジュールであるGDライブラリで行われているっぽいです。

まとめ

高画質の画像にのみスケールという英語が付いていたので何となく分かっていたけど調べてみました。
・「-scaled」は2560pxを超える画像に自動付与
・4000pxとかの画像をアップロードすると2560に強制リサイズされる
・フルサイズはこのリサイズ後の画像が使用され、オリジナル画像は表示されない。
・オリジナル画像を削除すると自動生成された画像も削除される。
・無効化(2560px超えのオリジナル画像を使用)するにはfunctions.phpにコードを一行追加でOK

-Wordpress
-

© 2021 ソロ学