スマホ

iPhoneのカメラのGPS位置情報をオフにする方法。Exif情報が画像に残っていると撮影場所がバレる!?

iPhoneのカメラアプリで画像に位置情報が埋め込まれるのを防ぐ方法のご紹介。
今や誰もが画像を撮ってSNSにアップロードする時代。「今日の晩酌!」の一言とともにスマホで撮影したビールの画像をアップロードし、万が一その画像にExif情報の一種である位置情報が残っていると自宅の場所がバレてしまうことになりかねません…恐ろしや。
iPhoneの設定でカメラに位置情報を使わないようにし、Exif情報が画像に記録されるのを防ぎます。

プライバシーの危険性が高いため大手SNSでは画像をアップロードした時に自動的に位置情報が取り除かれるようになっていますが、個人サイトのようなところに画像をアップロードする際は注意が必要です。
【参考】ブログ内リンク:Exif情報の一つ位置情報の正確性を検証

iPhoneでカメラの位置情報をオフにする方法

前置きが長くなってしまいました。iPhoneでカメラの位置情報を記録するのを防ぐ手順です。
1.設定を開く。
iPhoneカメラ位置情報オフ1
2.下の方にスクロールし、プライバシーを開く。
iPhoneカメラ位置情報オフ2
3.位置情報サービスを開く。
iPhoneカメラ位置情報オフ3
4.アプリ一覧が開くのでカメラを探し開く。
iPhoneカメラ位置情報オフ4
5.位置情報の利用を許可で「なし」に設定する。
iPhoneカメラ位置情報オフ5
こちらの設定で許可しているとカメラで写真を撮影した時にExif情報にGPS位置情報として緯度と経度と高度が記録されます。

補足

この機能をオフにしていると画像に位置情報が記録されなくなるので、写真で「撮影した場所で探す」が使えなくなります。あまり正確でなく探しにくいように思いますので僕は必要ないと思いますが…

まとめ

iPhoneの設定でカメラに位置情報を記録させない設定方法のご紹介でした。便利になっているぶんインターネットの利用には一層の注意が必要ですね。

■関連記事↓


F6Exifの使い方5
JPGファイルのExif情報を削除&編集するフリーソフト「F6Exif」の使い方。

デジタルカメラやスマートフォンで撮影した画像に残っているExif情報を削除&編集できるフリーソフト「F6Exif」のインストール方法と使い方をご紹介。ブログなどに画像をアップロードする際は画像に付与さ ...

続きを見る


iPhoneカメラ位置情報オフ5
iPhoneのカメラのGPS位置情報をオフにする方法。Exif情報が画像に残っていると撮影場所がバレる!?

iPhoneのカメラアプリで画像に位置情報が埋め込まれるのを防ぐ方法のご紹介。 今や誰もが画像を撮ってSNSにアップロードする時代。「今日の晩酌!」の一言とともにスマホで撮影したビールの画像をアップロ ...

続きを見る

-スマホ
-,

© 2020 ソロ学