chromeでサイト閲覧履歴からトップページに表示されるサムネイル画像(ショートカット)を非表示にする方法。

chrome履歴非表示1
よくアクセスするページを閲覧履歴などから自動で選別して「画像とページタイトル」まで表示してくれるChromeの標準機能ですが、これがいらない。

インターネットブラウザChromeで新しいタブを開いた時に表示される履歴のサムネイル(ファビコン)ショートカットを非表示にし、毎回真っ白なGoogle検索トップページを表示する方法です。

他の人に見られたくないページなど、履歴を非表示にして毎回クリーンなGoogleトップにアクセスしましょう!

New Tab RedirectというChromeの拡張機能を使用することで実装します。

Googleトップの閲覧履歴を非表示にする

こんな機能を付けるくらいならChromeの設定で非表示に出来るだろう!と思って設定を一通り調べてみたのですが、一括非表示にする設定はないみたいです。

見られたくないサイトにアクセスするたびに右クリックでサムネイル画像をひとつづつなんて消してられません…

拡張機能を使って履歴画像を非表示にする

chromeに簡単にインストールできる拡張機能で実装できました。

簡単に言うと履歴そのものを抹消しているわけではなく、新しいページのタブを開くたびに「https://www.google.com/」にリダイレクトしてクリーンな検索画面を表示するというものです。

New Tab Redirectのインストール

1.ChromeウェブストアでNew Tab Redirectを入手する。

下記のリンクよりchromeウェブストアにアクセスし、ブラウザにNew Tab Redirectをインストールします。
ストアとありますが、料金が発生したりすることはありません。
chrome履歴非表示2

【公式】New Tab Redirect - Chromeウェブストア

2.拡張機能を追加する

chrome履歴非表示3

3.chromeに拡張機能が追加され、アドレスバー右にパズルのピースのようなアイコンが追加される。
このアイコンがNew Tab Redirectのアイコン。

chrome履歴非表示4

Googleトップにリダイレクト設定をする

4.New Tab Redirectのオプションよりリダイレクトの設定を行う。

chrome履歴非表示5追加されたピース型のアイコンをクリック。メニュー(縦3点)をクリックし、オプションを選択。

5.Redirect URLにグーグルのトップページURLを入力する。
→「https://www.google.com/」

chrome履歴非表示6新しくページタブを開いた時にどのURLにリダイレクトするかの設定です。Google検索トップのURLを入力し横にあるSAVEをクリック。
右側に緑色のOptions saved!という文字が出現すれば設定完了です。

6.変更を保持をクリック。

chrome履歴非表示7拡張機能によってページが変更されました。この新しいタブページでよろしいですか?と聞かれるので「変更を保持」をクリック。

7.確認

chrome履歴非表示8

いつも通りブラウザの新規タブボタン+をクリックし、無事に真っ白なGoogle検索ページが表示されれば成功です。
お疲れさまでした。

まとめ

ChromeでGoogleトップページにアクセスした際、過去の閲覧履歴からよくアクセスするページへのサムネイル画像が表示されるのを非表示にする方法でした。
拡張機能を利用して無理やり?クリーンなページにリダイレクトさせる方法で実現してみました。

これ不要だから消したい人多そう。せめてchromeの設定で非表示に一発でできればありがたいのだけれども…

-Webブラウザ
-

© 2021 ソロ学