【個人ブログ向け】サイトのプライバシーポリシーを作成!利用規約に免責事項...具体的に何を書けばよいのか?

プライバシーポリシーの書き方_eyecatch
ブログ運営に必須となるプライバシーポリシーの作り方についてまとめました。

GoogleアドセンスやAmazonなどのアフィリエイト広告を自サイトに掲載する際にもプライバシーポリシーの作成が必須です。

また、アクセス解析のためのGoogleアナリティクスや、Wordpressでよく利用されているコメントやお問い合わせ機能を使用する場合もパーソナルデータを収集するため、プライバシーポリシーを作成する必要があります。

筆者である僕は法律に関しての知識が乏しいです。
結構勉強しましたが、当記事の内容はくれぐれも参考として下さい。

ブログ向けプライバシーポリシーの作成

プライバシーポリシーって内容が難しく、面倒なので後回しにしちゃいますよね~
作成、公開するデメリットはほぼ無いけれどついつい記事の執筆に走ってしまう。

個人ブログにプライバシーポリシー(個人情報保護方針)なんていらないのでは?
と思っている方はたぶんこの記事は見ていないはず…

・商品販売なし、広告なし、アクセス解析なし、コメント機能なし、お問い合わせ機能なし、プラグインも情報を収集する機能のものは入れていない!

こんなサイトの場合、プライバシーポリシーは不要かもしれません。
逆に上記の機能が1つでもある場合、厳密にはプライバシーポリシーを作成する必要があるらしいです。

というわけで、今回当サイトのプライバシーポリシーを参考に作り方をご紹介!
やっと重い腰が上がりました。。。

注意ポイント

・知った風に書いてますが筆者は素人です。
・コピペOKですが、自サイトに合わせて下さい。
・当サイトのような個人ブログをイメージしています。
・使用しているプラグインなどサイト環境の確認も必須です。

掲載するのは自分のサイトです。掲載者も自分です。
コピペは楽ですが、サイト運営者たるもの「何のために何を書いているのか」は理解できるようにしておきたいですね。

プライバシーポリシー,利用規約,免責事項の違い

まず、プライバシーポリシーを作ろうと思った時に僕が躓いた内容です。

プライバシーポリシーというページが必要なのは分かるけど、利用規約と書かれていたり、免責事項が含まれていたり…

・プライバシーポリシー
・利用規約
・免責事項

この3つの違いが良く分からないので調べました。

プライバシーポリシーとは?

個人情報保護方針です。
主に個人情報の「利用目的」「管理」「第三者提供」がメインです。

個人ブログの場合、コメントやお問い合わせフォームから取得したメールアドレスなどの情報をどのように利用、管理するのか?
基本的に第三者への提供はしないということを明示的に記述します。

利用規約とは?

サイトが提供するサービスやコンテンツにおける利用上のルールです。

プライバシーポリシーとは目的が異なるので、企業などでは別ページに記載してある場合が多いですね。
このサイトやこのアプリを使うならこの条件に同意して守ってね!という旨の内容。
Googleアナリティクスなどの利用規約を見ると分かりやすいと思います。

免責事項とは?

利用規約の中に免責事項がある感じらしいです。

サイトに掲載している情報は100%保証できないし、古い場合もあるので責任は取れませんのでご了承くださいという旨。
アフィリエイトサイトの記事で取り扱っていた商品をサイト経由で購入されたが商品そのものについては保証できないという旨。

うちのようなIT系のサイトの場合は、掲載してあるソースコードを貼り付けてページが真っ白になっても責任は取れませんという旨。

・プライバシーポリシーはデータ収集で掲載が必要。
・利用規約≒免責事項はクレームの保険みたいなもの。

ポイント

・個人ブログの場合、企業ほど文字数が必要ない場合が多いのでプライバシーポリシーと利用規約≒免責事項を同じページに掲載してあることが多いみたい。

こんな感じでしょうか…

プライバシーポリシーに必要な項目

では実際に作っていきましょう。
この記事では以下のような個人サイトをイメージしています。

・個人ブログ
・コメント機能あり
・問い合わせフォームあり
・Googleアドセンス利用
・Googleアナリティクス利用
・Amazonアソシエイト利用

色々なサイト様のプライバシーポリシーを拝見してきましたが、項目の記述順や内容は結構バラバラでした。
各項目の記述順については決まっていないようです。
色々なサイトを参考にして自分なりのページを作成しましょう。

WordPressでは固定ページを使用してプライバシーポリシーを作ります。
【関連記事】
WordPressでプライバシーポリシーに使う固定ページを設定する方法。WPにはポリシー専用のページ設定がある。

制定日・最終改定日

意外と記載されていないブログが多いのですが、必要らしいです。
いつプライバシーポリシーを作成したのか、いつ更新したのか?を書きます。

いくつか難しい日本語がありますが、好きなものでOKです!
例1が閲覧者も直感的に理解しやすいかな?

【例1】
制定日:○○年○○月○○日
最終改定日:○○年○○月○○日
【例2】
初出掲載:○○年○○月○○日
最終更新:○○年○○月○○日
【例3】
○○年○○月○○日 策定
○○年○○月○○日 改訂

「前から書いていた。」と言ってもダメでしょう。
大事な内容だと思います。

個人情報の管理・利用・開示、提供

プライバシーポリシーのメインになるところです。
とはいえ、個人ブログの場合収集した個人情報について書けることは少ないです。

・収集する可能性があることの通知
・安全対策と管理について
・利用目的の明確化
・第三者への開示、提供の禁止

について書きます。
当サイトでは執筆時以下のようにしています。ご参考下さい。

この項目が無くてもアドセンスは掲載できる模様。
特に個人ブログの場合プライバシーポリシーの内容はマチマチです。

個人情報の管理

当サイトではお問い合わせや記事へのコメント時にお名前やメールアドレスなどの個人情報を入力していただく場合がございます。
取得した個人情報への不正アクセス、改ざん、漏洩などを防止するためにセキュリティーシステムの維持、管理などの必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行います。

少し企業っぽいですが実際気は使っています。

個人情報の利用目的

取得した個人情報はお問い合わせに対する回答や必要な情報を電子メールでご連絡する場合に限り利用いたします。これらの目的以外では利用いたしません。

メルマガなどを配信したい!と思っている方はメールアドレスを使用させてもらう可能性があるので、利用目的にその内容も書き込む必要があります。

個人情報の第三者への開示・提供

取得した個人情報は個人情報保護法その他の法令に基づき開示が認められる場合を除き、ご本人様の同意を得ずに第三者に提供いたしません。

開示が認められる場合とは事件などの場合かと思います。
個人サイトの場合、コメント欄に入力される情報が個人情報となりえます。

アクセス解析ツールについての項目

Googleアナリティクスでは利用規約にアクセス解析のためにCookieを使用していることと、この機能を無効にできることを掲載する必要があることが定められています。

【Cookie(クッキー)とは?】
Webサイトが訪問者の端末に保存させることが出来る情報です。
クッキー情報からある程度ユーザーを判別することができ、ショッピングカートの中身を覚えておいたり、検索履歴から興味がありそうな広告を表示したりすることが出来ます。
Cookieは個人情報ではないため、パーソナルデータと呼ばれています。

Googleアナリティクス用

当サイトではGoogleが提供するアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
Googleアナリティクスは、Cookieを使用することでユーザーのトラフィックデータを収集しています。
トラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
ユーザーはブラウザの設定でCookieを無効にすることで、トラフィックデータの収集を拒否することができます。
詳しくはGoogle Analytics利用規約をご確認ください。

※この記事ではリンクは設置していません。

広告についての項目

GoogleアドセンスやAmazonアソシエイトを使用する場合この項目が必須です。
他ASPでも必要な場合が多いので、契約したい広告店の利用規約を熟読しましょう。

書き方は調べればインターネットにひな型があります。
当サイトの場合は以下のようにしました。

Googleアドセンス用

当サイトでは第三者配信の広告サービス「Googleアドセンス」を利用しており、Cookieを利用することにより、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示する場合があります。
Cookieを使用することで当サイトは利用ユーザーのIPアドレスなどからコンピュータを識別できるようになりますが、ユーザー個人を特定できるものではありません。
ユーザーはGoogle広告設定から、Cookieを使用した広告を無効にすることが出来ます。
詳しい方法やGoogleアドセンスに関する詳細は広告 – ポリシーと規約 – Googleをご確認ください。

※この記事ではリンクは設置していません。
少し内容をアレンジしてますので、ご自身でご確認ください。

Amazonのアフィリエイト広告を使う場合は以下のように書いておくと良いです。

Amazonアフィリエイト用

当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。

最近は多くのASPでプライバシーポリシーの記載が必須となっています。

著作権についての項目

自サイトのコンテンツを守るため、無断転送の禁止を定めます。

また、知らず知らずのうちに著作権を侵害してしまっている可能性がないとは言えないのがインターネットなので、著作権を侵害する目的が無い旨、連絡があればすぐに対応する旨も掲載しておきます。
万が一の場合は、真摯に対応する姿勢を明言しておきましょう。

当サイトで掲載している文章や画像などにつきましては、無断転載することを禁止します。
当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。著作権や肖像権の侵害を目的としたものではありません。著作権や肖像権に関して問題がございましたら、各権利所有者様本人がお問い合わせフォームよりご連絡ください。確認後、迅速に対応いたします。

※この記事ではリンクは設置しておりません。

免責事項ついての項目

サイト運営を行う上での盾となる項目です。
サイト内のコンテンツの正確性が100%正しくない事、情報が古いことによる責任は取れませんという旨です。
また、サイト上のリンク先で何かあっても責任は取れませんという内容も大切です。

当サイトでは以下のように記述しました。

当サイトに設置しているリンクやバナーなどで移動したサイト先で提供される情報やサービスなどについては一切の責任を負いません。
また、当サイトのコンテンツについてはできる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性や安全性を保証するものではありません。情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

もちろん書いておけば何でもかんでも免除されるわけではありません。
サイトコンテンツに責任を持つことは大前提です。

プライバシーポリシーにある方が良い項目

ここから先の項目は無いサイトが多いです。
個人ブログの場合、無くても問題ないと思われますが、あれば親切です。

・コメント機能が個人情報を収集する可能性
・キャッシュ機能などについて
・リンクについて
・ポリシーについて
・運営者について

ここまで丁寧に書く必要はないかもしれませんが、あっても良いですね・w・

コメント機能についての項目

WordPressでコメント機能を使用している場合、厳密にいうと個人情報を収集している可能性があります。
特に名前やメールアドレスの入力欄を有効にしている場合ですね。
当サイトでは以下のような感じで掲載しております。

当サイトではコメント時にIPアドレスを収集しています。
これは当サイトが使用しているコンテンツマネジメント​システム「Wordpress」が標準機能としてサポートしている機能で、スパムなどへの対応以外にこの情報を使用することはありません。

プラグインについての項目

WordPressの場合、プラグインによってポリシーが提案されている場合があります。

管理画面メニュー > 設定 > プライバシー

からポリシーガイドを確認しましょう。
当サイトの場合、キャッシュプラグインでポリシーガイドが提案されていましたのでキャッシュについても掲載しています。

プラグインの他、一部テーマでポリシーガイドが用意されている場合があります。
データを収集するプラグインやテーマを導入した場合は確認が必要です。

リンクについての項目

リンクについても同時に掲載しておくと閲覧者が迷わずに済みます。
「リンクフリー」という文字が一言も出てこないサイトでは、良い記事で紹介したくてもなかなか躊躇してしまいます。
リンクフリー!とアピールしておくと被リンクを獲得しやすくなるかもしれません。

リンク禁止!と書いていても時代背景からSNS等でリンクされる可能性はあります。

また外部のサイトに自サイトのコンテンツが埋め込まれると外部サイトにアクセスされる度に、自サイトのサーバーにも負荷がかかってしまいますのでこれを禁止する旨も書いておきましょう。
当サイトではこんな感じに書いてます。

当サイトはリンクフリーです。リンクを行う場合の許可や連絡は不要です。
ただし、当サイトコンテンツに対する直リンク(外部サイトへの埋め込み)やインラインフレームの使用は禁止しております。
・直リンク:サイトで他サイトの画像などを呼び出すこと。
(当然外部サイトでも自サイトから参照されるので負荷がかかる。)

・インラインフレーム:サイトの一部で他サイトのコンテンツを使うこと。
(この略がiframeです。身近なところではYoutube動画の埋め込み。)

本ポリシーの変更についての項目

プライバシーポリシーは変更する可能性が結構高いです。
Wordpressの場合使用するプラグインなどでサイト環境が変わった場合もそうですが、個人情報保護方針の内容が変更されることも多々あります。

そんな時にも問題が発生しないように、ポリシーが変更される可能性がある旨も通知しておきます。

当サイトは、法令の制定、改正等により、本ポリシーを適宜見直し、予告なく変更する場合があります。本ポリシーの変更は、変更後の本ポリシーが当サイトに掲載された時点、またはその他の方法により変更後の本ポリシーが閲覧可能となった時点で有効になります。

運営者情報・問合せ先

法人ではない個人ブログではここまで必要ないかもしれません。

個人ブログの場合、運営者名はニックネームで良いと思います。
お問い合わせ先も改めて掲載しておくとより親切かもしれません。

当サイトの場合一番下に掲載してみました。

当サイトに関するお問い合わせにつきましては下記のお問い合わせフォームからご連絡ください。
返信にお時間をいただく場合がございます。
運営者:ザキ
お問い合わせ:お問い合わせフォーム
サイトURL:https://sologaku.com/

まとめ

個人ブログ向けのプライバシーポリシーについて書いてみました。

ド素人なので改善の余地ありだと思います。
また知識が付いたら改めて見直します。

最後にアレですが、Googleアナリティクスについてはプライバシーポリシーが存在していない状態でも導入できます。
アドセンスについても詳しくないですが、アドセンスについてのプライバシーポリシーが記述されていれば皆さん審査は通っているようです。
現状その他の項目はあまり見られないといえそうですね。

信頼のできるサイトはSEOに良い影響を与えると言います。
専門家や有名ブロガーの方の意見からすればプライバシーポリシーを設置すればSEOにプラスの効果があるのだとか...

まぁSEOうんぬんよりも広告を掲載するのには必須ですw

-サイト構築

© 2021 ソロ学